賃貸住宅 住まいのQ&A

『不動産屋さんによって条件が違うのはなぜですか?』
『保証人は必要ですか?保証人の条件はあるのですか?』
『家賃以外に毎月かかる費用には何がありますか?』
『初期費用の分割払いは出来ますか?』
『補修費用の負担をしないといけないのですか?』
『敷金は返して貰えるのですか?』
『契約期間が二年となっていますが二年すまないといけない?』
『退去の手続きはどうしたらいいですか?』

 

『入居のあいさつはした方がいいのでしょうか?』
『借りるときの初期費用はどのくらいかかるのですか?』
『不動産屋さんによって条件が違うのはなぜですか?』
私達も頭の痛い問題です。考えられることは

  • 家主が複数の不動産業者に依頼したときに説明が違った。(後日、変更したことが全業者へ伝わっていない)
  • 不動産業者の独自の判断で内容を変えている。


などの事情が考えられます。いづれにしても、お客様からご指摘いただくまでは分からないことですのでご遠慮なくお申し出下さい。
善処できるものについては家主へ確認するなどして対処できるものについては対処いたします。
但し、一番の問題は、お客様がどうされたいのか?ということではないかと考えますので、お気軽にご相談下さい。

『保証人は必要ですか?保証人の条件はあるのですか?』
当社では原則お二人様を付けていただくようにお願いしています。お一人しかいないという方は有料ですが保証会社をご利用いただくこともできます。
管理会社によってはあらかじめ『保証人一名と保証会社』を利用していただくことを条件としているところもありますのでスタッフによくご相談下さい。
保証人様の条件ですが、原則としてあなたの収入と同程度もしくはそれ以上の収入のある方をお願いしています。
その理由は、家主へ了解が得られ易くなるからです。
『家賃以外に毎月かかる費用には何がありますか?』
物件やご契約内容にもよりますが

    • 駐車場料金

 

  • 共益費
  • 振込み手数料

などです。
ご契約の際には「とにかく毎月○○○円必要!」とお確かめ下さい。

 

 

『初期費用の分割払いは出来ますか?』
分割支払いのお手続きをされている業者さんもいるようですが、大変申し訳ありませんが、当社では今のところ、そのようなお手続き方法はとっておりませんので何卒ご了承下さい。
『補修費用の負担をしないといけないのですか?』
建物、お部屋を普通にご使用いただいていた場合、自然損耗(例えば、日焼けによるクロスや床の汚れなど)は修繕する義務はありません。
【ご注意】
タバコの煙害による汚れは補修していただくことになります。
タバコによる煙害はお部屋全体のクロス(壁紙)の汚れにつながります。大きな出費にもなりますので注意が必要です。今、一番大きな問題ですのでご注意願います。
『イスのキャスターなどによる床のキズ』などは補修しなければなりません。
※要するに床のキャスターによるキズなど、あらかじめ予見できるようなことは未然に防止策を講じておくことが大切とです。
『敷金は返して貰えるのですか?』
敷金は、賃借人が行うべき建物の修繕費用や未納家賃などがあれば敷金から差し引く場合がありますが、残金は原則、返還となります。
但し、当社では、どのような場合であっても家主、賃借人のご了解、ご同意があることを前提に精算させていただきますので、一方的な清算はいたしませんのでご安心下さい。
【ご注意】

  • 『礼金』は返還されない金銭です。
  • 『退去精算金』は返還されない金銭です。
『契約期間が二年となっていますが二年間は住まないといけないのですか?』
もしご事情があって契約解除したい場合は二年の期間を待たなくても大丈夫です。
但し、ご契約から短期間(半年~一年以内)に契約を解除する場合は短期解約違約金として敷金が返還されないこともありますのでご注意願いたいと思います。
『退去の手続きはどうしたらいいですか?』
退去、お引越しが決まりましたら、少なくとも一ケ月以上前にお申し出いただく必要があります。
ほとんどの契約書に書いてある事項かと思います。(契約書をご参照下さい)
まずは『退去届け』の書類をご提出下さい。
『退去届け』は契約書の書類と一緒にに綴じています。
もし『退去届け』の用紙が無ければお電話下さい。
尚、退去お届け日がその後の精算の起算日となるため、口頭(お電話)での受付はいたしておりませんのでご注意下さい。。
必ず書類をご提出下さい。
後のお手続きについては、書類提出時にお知らせいたします。
その他、退去(契約解除)につきまして、
詳しくは賃貸マニュアル(解約)をご参照下さい。退去予定日が決まってから一ケ月以内に退去する場合には
退去のお届け日から一ケ月の間は家賃のお支払い義務があります。
よって退去が翌月にまたがる場合にはを翌月分の家賃まで今までと同じようにお支払い下さい。
超過分のお家賃は後日、精算して返還いたします。【お願い】
お勤め先のご事情(特に公務員さん)で、退去が決まってからお引越しまでの間が短い場合があろうかと思いますが、退去のお届けから一ケ月の家賃支払い義務は、他の方と同様です。
悪しからずご了承願います。
『入居のあいさつはした方がいいのでしょうか?』
もし家主さんが近くにお住まいのようでしたら挨拶へ行かれると喜ばれるのではないでしょうか。
だからといって、離れた所にお住まいの家主さんへ、わざわざ出向くまでの必要はないかと考えます。
また同じアパートの住人の方への挨拶や近隣の方への挨拶ですが、昔は普通に当たり前のように行われていたことです。
特に同じアパートなら一つ屋根の下に暮すわけですから、お互い面識があると気持ちがいいものではないでしょうか。
但し、私たちが薦めることも、強制することもできないものと考えます。
要は入居されるあなたのお気持ちでしょうから私たちがとやかくいうことでも無いと考えます。
『借りるときの初期費用はどのくらいかかるのですか?』
アパートでしたら、ご契約の時に家賃、共益費、敷金(2~3ケ月分)、火災保険料そして、仲介手数料1ケ月分が必要になります。
さらに月の中頃にご契約であれば当月の家賃を日割り計算しますので、翌月の家賃まで前払いとなることがあります。
実際の金額はお部屋や契約日によって多少違ってきます。
例えば一例ですが、家賃40,000円の場合で敷金3ケ月なら初期費用の目安は以下のようになります。
契約月家賃   20,000円(日割り計算例)
翌月分家賃   40,000円(前払い家賃)
敷金      120,000円
火災保険料   20,000円
仲介手数料   42,000円(消費税込)
——————————————
合計   242,000円となります。物件によりましては他にも清掃費、カギ交換代等が必要になる場合もありますので余裕をもってご準備しましょう。
戸建住宅では通常なら共益費は考えなくても良いでしょう。