感動の一日

 

お元気ですか! 8月です。
去る7月28日、29日
「第10回 こども落語全国大会」が
行なわれました。


今年は出場者67名という
最多人数で大変盛り上がった大会と
なりました。

毎回、色々な感動があります。
チケット販売に伺ったある小学校では校長先生
自ら職員の先生方へご紹介していただき販売への
ご協力をいただいたことは素晴らしい出来事でし
た。
また大会当日、裏方でお世話していると高座へ
上がる子供達が控え室で直前まで何度も練習を
繰り返す光景は感動ものでした。
誰の邪魔をするわけでもなく、時にはお友達
同士で意見を交わすこともあり、それはそれは
素晴らしい光景でした。
また、親御さんたちの熱意にも感動させられた
ものです。
台風が心配される中で参加者67名の誰一人と
して出場を辞退することもありませんでした。

ある親御さんなどは毎回、出張先のアメリカ、
カリフォルニアからわざわざ帰国して参加され
るという常連さんがいます。
この方にお話をお伺いすると身近に落語を教
えてくれる先生もいないので、自ら落語を独学で
覚え子供に伝授したというから驚きです。
参加していただいた子供達や親御さんの情熱に
比べ私達はどれほどの情熱をもって対応が出来て
いるのかということを改めて考えずにはいられな
い、記憶に残る大会となりました。
ご協力いただいた皆様に感謝します。