MENU

3、「買い手」を想像する!

あなたが不動産を売りたければ
その不動産の買い手はどんな
方ですか? 

事業をされる人ですか?
サラリーマンの方ですか?
それとも・・・
不動産を売却するには、自ずと
相手がどんな人たちなのか
決まってくることでしょう。

でも、それはもっと深く考えればどんな方達ですか?
そのことを考えることはとても大切なことです。

ここでは、中古住宅を売る場合のことを考えてみましょう。
普通は中古住宅を売る場合、長年使用してきた住宅で、キッチインやお風呂、おトイレなど、つまり水周りの設備が激しく傷んでいると、そのまま買い手に見せることは”恥ずかしい”と思ってしまうものです。

また、雨漏りの後がシミになっていたりすると大幅な値切りを言われるのではないかと心配になるあまり、隠そうとする人もいたりするものです。

でも、買い手のことを考えてみて下さい。
あなたから買った後、その住宅に何年も長く住み続けることになるのです。
不都合なことは不動産屋に任せて・・・と知らぬ顔でもしますか?(笑)

これでは後々トラブルの元になりかねません。

㈲アートライフでは、売主様からお預かりした中古住宅は全て包み隠さず買い手さんにお見せすることを薦めています。

売主さんにも協力していただいています。

その上で、リフォームが必要な箇所を買い手さんに教えてあげるのです。
こうすれば、買い手さんは安心して、あなたを信用して買ってくださるのではありませんか?

買い手さんの立場を考えて上げる事はとても大切です。

※詳しくは”ささえ愛注文リフォーム住宅って何?”のページをご覧下さい。